マイケル・ムーアの世界侵略のススメは個人的に微妙

今回はVODサービスで視聴した「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」の感想を軽く書いていきます

そうなんです。この作品世界的に有名なマイケル・ムーア監督が自ら主演となって出演しているドキュメンタリー映画なんです

知らない方の為に一応どんな人なのかを説明するとマイケル・ムーアとはアメリカ合衆国でジャーナリスト、ドキュメンタリー映画、TVプロデューサー、テレビディレクター、政治活動というとても幅広い分野で活躍している世界的に有名な1954年4月23日生まれのアメリカ人です

皆さんも一度はハリセンボンの近藤春菜の芸の「マイケルムーア監督じゃねーよ!!!」で名前を耳にしたことがあるかと思います

そんな数々のヒット作を世に出し続けている新作がマイケル・ムーアの世界侵略のススメなんです

内容に関してはマイケル・ムーアは監督はアメリカ国防総省の幹部から侵略戦争が思うようにいかなかったという相談を受け、彼は自分が侵略者となって世界各国を回ることを決断します。そのミッションとは世界各国から幸せを奪い取るというなんとも可笑しな内容となっています

題名で微妙と書いたのは、映画の題名だけで判断して見たら少し想像していたのと違ったので少し勝手にガッカリしたというだけで内容的には非常によくできていて見る人によってはとても面白く他にはないドキュメンタリー映画となっています

マイケル・ムーア監督のファンだったり面白い観点から撮影されたドキュメンタリーが好きな人には非常におすすめできる作品となっているので気になった方はご覧になってみてください